« 懐かしのBCL番組 ~ソニー BCLジョッキー | トップページ

2017年6月16日 (金)

思い出の放送局 ~Radio Bangladesh

今回の思い出の放送局は、バングラデシュ人民共和国のRadio Bangladeshです。

当時は現在のように各国の民族音楽がCDやネット配信等で簡単に聴くことができる・・・という便利な時代ではありませんでしたので、今回ご紹介するRadio Bangladeshと、その付近にあるAll India RadioやRadio Pakistan、さらにはSLBC(Sri Lanka Broadcasting Corporation)というのは、独特の(一言で言うと、「インド風の」)音楽を聴くことが出来るという点で、BCLならではの楽しみを満喫できる局でもありました。
また、これらの局は中国や朝鮮半島と違って、それなりに日本と距離もありますので、遠い国からの電波をとらえている臨場感というか、明らかな異国情緒も感じられますし、いずれの局も比較的容易に、かつ良好に受信できるという点でも共通点がありました。
実際のところ、このエリアの局でもっとも頻繁に受信した経験があるのはインドのAll India Radioです。ここは国際放送だけではなく、国内向けの放送もDXingの対象とするなど、近年に至るまで色々と楽しませてもらったものです。
また、受信レポートを書くのが面倒で、殆どベリ集めに興味がなかった私でも、このAll India Radioにはレポートを送り、1年半後ぐらいにベリが届いたという思い出もあります。

そんな中で、なぜRadio Bangladeshなの?ということになりますよね。
前述のように、このエリアの局はいずれも比較的容易に受信できる・・・のは事実なのですが、私の場合、実はこの中でダントツに初受信までに苦労したのがこのRadio Bangladeshなのです。
私がまだICF5800でBCLをしていた頃、13mbで昼間に受信できる南アジアの局が2局ありました。1局は11時半ぐらいから放送していたRadio Pakistan(これはディクテーションニュースだけでしたので、音楽は楽しめませんでしたが)。そして、もう1局が13時台に放送していたRadio Bangladeshです。
いかに短波といえども真昼に受信できる常連局となると、近いところが中心になりますので、これら2局は貴重な存在でもありました。

・・・なのですが、当時の私には、優れた受信機と立派なアンテナ・ロケーションでBCLを楽しんでいた方にはわからない苦労があったのです。
大阪市内でそもそも受信環境が悪い上に、当時のアンテナは10mぐらいのビニル線を室内に這わせた程度。そして受信機はICF5800です。この機種はシングルスーパーですので、13mbともなると、極端に感度が低下します。Radio Pakistanは何とかSINPO25222ぐらいで受信できていたものの、Radio Bangladeshに至っては影も形もありません。月刊短波等では常連局として有名だったにもかかわらず・・・です。

当時は夏休みでしたので、連日のようにチャレンジし、2週間後ぐらいにようやく弱いながら(時々ノイズにも埋もれながら)、例のISを受信できたときの喜びは、今でも忘れられませんし、あきらめずにチャレンジすれば珍局(私にとってはですが)を受信することも可能なんだという励みにもなりました。BCLとしてのレベルはともかく、DXingの楽しさに触れることができた瞬間だったのです。それ以来、Radio Bangladeshというのは、決して忘れることのできない思い出の局となりました。

そしてこのRadio Bangladeshは、今でもそれなりに容易に受信することができますし、多くの放送局がISを変更したり廃止したりする中、当時とまったく同じ音源のISを継続して使用しているのが嬉しいところです。All India Radioもそうした数少ない局の1つですが、やはりISというのは放送局の身分証明書のようなものですから、むやみに変更しないで欲しいですよね。

« 懐かしのBCL番組 ~ソニー BCLジョッキー | トップページ

世界の放送局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 懐かしのBCL番組 ~ソニー BCLジョッキー | トップページ