« ラジオから伝わるもの | トップページ | BCLラジオではないですが・・・ICZ-R250TVレポート(前編) »

2017年6月 7日 (水)

山田耕嗣さんと宮脇俊三さん

ん? 何の関係?と思われる方も多いでしょう。山田耕嗣さんは言わずとしれたBCLの大御所。そして、宮脇俊三さんは「時刻表2万キロ」などの鉄道紀行文の作家の第一人者です。お二人とも、既に亡くなられていますが、趣味に着眼する限り、本当にいい時期を過ごしてこられたな・・・と思う点で共通しています。
山田耕嗣さんは、私が生まれる前からBCLを始められ、BCLブーム期はもっともアクティブに活動できる時期だったのではないかと推測します。(経済面も含めて)
そして宮脇俊三さんはというと、太平洋戦争以前からの鉄道好きで、今から40年前(BCLブーム期と重なりますね)の、鉄道路線が今では想像もできないほど全国を網羅していた時代に、中央公論社で編集長の仕事をしながら、国鉄線の全線完乗を達成されています。そのときには上野発の夜行寝台列車を週末フル活用されていたものです。

40年前の状況を知っている者としては、現在の短波バンドの寂しさ、そしてノイズに汚れた状態というのは、聴くたびに悲しくなってしまいます。短波バンドの銀座通りとまで言われた31mbも、今では静かなものです。(もっとも、この状態は私の受信環境だけの問題かもしれませんし、その寂しさの中にキラリと光るものを見つけながらBCLを楽しむのが今のやり方なのかもしれませんけどね)
そして鉄道の世界、私は鉄道マニアではないですが、ブルートレインは好きでした。今や庶民も乗れそうな夜行寝台は唯一残ったサンライズ瀬戸・出雲のみとなり、あとは一生乗ることの無さそうな豪華列車のみとなっています。スピードと快適性ばかりが重視され、長距離を走る普通列車なども殆ど無くなってしまいました。
夜行列車が大幅に縮小(というより、ほぼ壊滅)されたのも、短波が衰退していくのも、結局のところ技術革新や世の中の変化によって主役としての役目を終えたことから、コスト削減のターゲットになってしまったことが主な理由のように思います。

お二人とも、今も元気に生きておられたら、現状を嘆いているかもしれませんね・・・。

« ラジオから伝わるもの | トップページ | BCLラジオではないですが・・・ICZ-R250TVレポート(前編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラジオから伝わるもの | トップページ | BCLラジオではないですが・・・ICZ-R250TVレポート(前編) »