« BCLラジオではないですが・・・ICZ-R250TVレポート(後編) | トップページ | 思い出の放送局 ~Radio Bangladesh »

2017年6月13日 (火)

懐かしのBCL番組 ~ソニー BCLジョッキー

今回は、BCLブーム期のラジオ番組を取り上げてみましょう。

「BCLジョッキー」という番組は、私が聴いた初めてのBCL情報番組なのですが、1977年には既に番組が終了していますので、ブーム全盛の頃にBCLを趣味にしていた人しか知らないであろう番組です。
DJは富山敬さん。この番組を担当されていた頃は、アニメ宇宙戦艦ヤマトが大ブームを巻き起こしていた時期とほぼ重なっていたため、私もこの番組を聴く前から、富山敬さんのことは知っていました。(富山敬さんはそういう「時の人」でもありましたので、おそらくBCLとは関係の無い人、もしかしたら富山敬さんのファンだった女性の方にも、この番組を聴いたことがある人がいたのではないでしょうか)
しかしながら、富山さんはそのような様子はまったく感じさせず、BCLという地味な趣味の番組を、地味に真摯に担当されていて、好感の持てる(といっても当時は私も中学生ですので、そこまで考えていませんでしたが)番組づくりをされていたと思います。

この番組は、ポールマッカートニーの「ママ・ミス・アメリカ」で始まり、この曲をバックに、各局のIDが流れた後、「きのうの国から飛んでくる電波。あしたの国から飛んでくる電波・・・」といったナレーションが流されるというオープニングで、今のようにネットで当時の番組の音源が拾えるようになる前からも、頭の中ではいつでもこのオープニングが再生できるという印象深い内容でした。(余談ですが、当時関西に住んでいた方なら、FM大阪の「ビートオンプラザ」という番組も、同じ曲をオープニングに使っていたことをご存じかもしれませんね)

番組は聴取者からのレポート紹介のほか、富山敬さんが実際にICF5900で受信した(当時超多忙だった富山さんですので、本当に受信していたかどうかは、5900を愛用していたか否かも含めて不明ですが)放送局の話などもされていたように思います。
実質10分程度の番組でしたが、毎日放送されていたので、日々楽しみに聴いていたことを覚えています。なお、この番組の製作はTBSラジオで、当時大阪にはネットされていませんでした(どうも全般的に当時の大阪はBCLブームの広がりも地味だったような気がしますね。今思えばですが・・・)ので、直接TBSラジオにダイヤルを合わせて聴いていたものです。

そして、冒頭にも記載したように1977年の末にはこの番組が終了します。自分が愛聴しているラジオ番組が終わる時というのは寂しいものですが、私がそういう寂しい思いを最初に経験したのがこのBCLジョッキーでもありました。また再開しそうな終わり方ではありましたが、1つの番組が終わって再開することなど滅多にないという大人の事情を当時の私はまだ知らず、その後何年も期待していたものでした。。。

この番組はソニーがスポンサーであるため、ICF5900はもちろん、番組終了直前ではICF6800のCMも流れていました。(今でもその時のCMソングはしっかり覚えており、思い出にもなっています)そういえば、うろ覚えですが、CF5950(ICF5900のラジカセ版です)のCMもあったような記憶があります。
私がこの番組を聴き始めた頃は、まだ私が使っていたメインのBCLラジオがICF5800でしたので、このCMを聴くたびに早く5900が欲しいな~と思っていたものです。

私にとって、富山敬さんは宇宙戦艦ヤマトの古代進ではなく、もちろん伊達直人や番場蛮(このあたりが懐かしい方は同世代ですね)でもなく、BCLジョッキーのDJとしての印象がもっとも大きいですね。
実際にどのような番組であったかは、ネット上を探せば音源が見つかるはずですので試しに聴いてみてください。

« BCLラジオではないですが・・・ICZ-R250TVレポート(後編) | トップページ | 思い出の放送局 ~Radio Bangladesh »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BCLラジオではないですが・・・ICZ-R250TVレポート(後編) | トップページ | 思い出の放送局 ~Radio Bangladesh »