« 今後が楽しそうな中波DX | トップページ | ドライブとBCL »

2017年5月31日 (水)

懐かしのBCL書籍 ~短波放送入門/BCL短波放送実践篇

BCLブームの頃は本当に多くの関連書籍が発売され、どこの本屋に行っても、BCL本が並んでいるような状態でしたので、私もさまざまな本を購入して読んだものです。それらの中の有益な本ランキングでは、月刊短波やDX年鑑がトップにいるのは間違いのないところですが、読んでいて面白い本ランキングだと、トップクラスにくるのは、私の場合は今回ご紹介する「短波放送入門」「短波放送実践篇」の2冊(いずれも三木宮彦さん著)です。
Bcl_book1_4
当時、多くのBCL書籍が、ちょっと内容が堅苦しかったり、情報の羅列だけで終わっていたりすることが多かったように思います。内容が堅苦しくても役に立つ記事ならいいのですが、BCLなら常識とも言える事を堅苦しく書いている本もありましたし、受信情報データに至っては、「短波」のような月刊誌ではありませんので、情報が古すぎて殆ど意味がなく、ページのムダにしかなっていなかったものです。

そうした中、写真の2冊はBCLの楽しさを本当に知ることのできる本だったのではないかと思います。本は帰省先に保管していますので、詳しい内容を引用することはできませんが、例えば、ラジオオーストラリア日本語放送であれば、西里さんのカンガルージョッキー放送シーンを実際にイラストと文章で紹介していたり、他にもBBCなど、いくつかの放送局の現場の状況を面白おかしく軽妙に語る文章になっていて、実際の情景を想像しながら、その楽しさを文章から感じることができる・・・という内容・構成になっていました。
また、放送局の紹介以外でも、非常に分かりやすくBCLの面白さを伝える名著だったと私は思います。(現物が手元に無いため、中途半端な紹介になってしまい、申し訳ありません)

ただ、この本、どうもメーカーとタイアップしていたようで、「短波放送実践篇」は、ICF5900のイラストが随所に登場し、文章でもその良さを宣伝している箇所があります。(「短波放送入門」は私が持っている本はクーガ115でしたが、増版分は確かICF5900のイラストに変わっていたような覚えがあります)当時は、その機種が自分の愛機と異なっていると少しウザかったかもしれませんが、これもご愛嬌でしょう。

この2冊の本、残念ながらこの記事のアップロード時点ではAmazonなどにも出品されていないようですが、もしこの本を見つけたら(そしてあまり高値でなければ)ぜひ、購入して読んでみてください。ちょっと他に無いタイプのBCL書籍だと思いますので。

« 今後が楽しそうな中波DX | トップページ | ドライブとBCL »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今後が楽しそうな中波DX | トップページ | ドライブとBCL »