« ラジオ・受信機の思い出 ~その16 ループアンテナ付きだったICF-SW7600GS | トップページ | ラジオ・受信機の思い出 ~その18 ついに手にした夢のJRC機 NRD-545 »

2017年5月11日 (木)

ラジオ・受信機の思い出 ~その17 これぞソニー!の小型BCLラジオ ICF-SW100S

このICF-SW100Sは、デジタルガジェット好きのBCLの心をガッチリとつかんだ機種だったと思います。超小型でありながら、一通りの機能を搭載し、LW~SWをフルカバーした受信機ということで、とにかく魅力的な機種でした。
受信性能についても、7600GRなどには敵いませんが、DX目的でないリスニング派のBCLなら十分なレベルでした。
何よりサイズパフォーマンス?はおそらくBCLラジオ史上No.1。総合力でのNo.1がICF2001Dなら、小さい割に・・・の中でのランキングだと、この機種がトップであることは間違いありません。

当時の私はBCL活動など殆ど行っていなかったにもかかわらず、この機種は店頭で一目惚れしてしまい、ついつい買ってしまったものです。この機種は構造上、ヒンジ部が破損しやすいという問題を抱えているのですが、破損するほど使わない私にとってはあまり関係の無いことでもありました。
とにかく、BCLラジオをコレクションしている方がおられるなら、この機種は必須のコレクションアイテムではないかと思いますが、状態の良いものを入手するのが難しいかもしれませんね。2008年ぐらいに生産中止ですので、おそらく公式の修理受付も終わっていると思います。ちなみに、私は新品購入後殆ど使っていませんので、経年自然劣化が無ければ極上品です。手放しませんけどね・・・。

なお、この機種が発売されたのは1994年のようですが、当時BCLはすっかり下火になっていた時期で、かつ今のようにBCL復活をする人たちも少ない時期でした。そんなご時世の中、よくこんなBCLラジオを開発する予算が確保できたなと感心してしまいます。こういうところがソニーらしさでもあり、今も私がソニーファンを続けている理由でもあります。
ICF-SW7600GRで終わりにせず、記念モデルのようなものを最後に作って欲しいと思うのは私だけではないでしょう。

« ラジオ・受信機の思い出 ~その16 ループアンテナ付きだったICF-SW7600GS | トップページ | ラジオ・受信機の思い出 ~その18 ついに手にした夢のJRC機 NRD-545 »

ラジオ・受信機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラジオ・受信機の思い出 ~その16 ループアンテナ付きだったICF-SW7600GS | トップページ | ラジオ・受信機の思い出 ~その18 ついに手にした夢のJRC機 NRD-545 »