« 最近の海外日本語放送 | トップページ | ラジオ・受信機の思い出 ~その2 初めて自分のために買った新品ラジオ »

2017年4月25日 (火)

ラジオ・受信機の思い出 ~その1 初めてのラジオとの出会い

今回より、過去に使ってきたラジオについて、色々と思い出や感想などを書き綴っていきたいと思います。まずは別の記事でも少し触れましたが、本当に私にとって初めてのラジオ、それがソニーのAM専用ポケットラジオです。これは現物がありませんので、写真も載せられません(少しネットで画像検索してみましたが見つかりませんでした)が、え、これがソニー?というようなダサいデザインでした。電池は9Vの角型という今どき殆ど使うことのないタイプです。

比較対象があったわけではありませんが、感度はそれなりに良かった印象で、家にステレオセットが導入されるまでは、これがうちのホームラジオでもありました。このラジオで北京放送やモスクワ放送を初受信して、海外放送の存在を知ったのがたぶん小学校3年ぐらいのときです。ただ、当時はそれほど海外放送に心惹かれていたわけではなく、ただのラジオ好き少年であり、とにかくずっとAM各局の民放を楽しんでいました。(遠距離受信などではなく、ローカル局のみです)
当時は好きな番組を書き出して、勝手にランキング付けしたりしていた記憶があります。何のため、誰のためにやってたんだろうと今は思いますが、まぁガキのやることですから、大した目的などなく、単にその行為が楽しかっただけでしょう。

たぶん、このラジオを愛用したのは1年ぐらいだったと思いますが、私のラジオ好きはこれがきっかけだったことは間違いありません。当時あまり深夜放送は興味無かったのですが、特に土曜日の日中など、各局がワイドショーのような番組を放送していて、それを聴くのが一番の楽しみでもありました。
ただのAM専用ポケットラジオではありますが、これと出会うことが無ければ、もしかすると私のBCLライフも始まらなかったかもしれません。

« 最近の海外日本語放送 | トップページ | ラジオ・受信機の思い出 ~その2 初めて自分のために買った新品ラジオ »

ラジオ・受信機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近の海外日本語放送 | トップページ | ラジオ・受信機の思い出 ~その2 初めて自分のために買った新品ラジオ »