« 昔の受信音への思い出 | トップページ | DXペディション »

2017年4月18日 (火)

PERSEUSという受信機

BCLの高級受信機で、NRD-545・AR7030以降もっとも評価の高いものといえば、やはりこのPERSEUSではないでしょうか。
私は、殆ど実際の受信をしないにもかかわらず、どういうものか試してみたいという気持ちが強くなり、数年前に購入してみました。(ちょうど円安傾向が強くなってきた頃、次回入荷分は値上げしそうと思ったタイミングです)
・・・確かに今までに無い面白い便利な機種でした。しばらくはその様々な機能を試しては楽しんでいたのですが、当然ながら現在の劣悪な受信環境を改善できるわけでもなく、結局は殆ど使わなくなっています。ノイズなんて、いくら全域で発生していても、今どきのデジタルデータ分析&加工技術なら、放送の音声だけを浮き上がらせることも不可能ではないと思うのですが、そういう研究が行われるほど需要が無いので仕方ないですね・・・。

そしてこの機種、書くまでもないことですが、常にパソコンとセットで使うことを強いられます。当然これも分かっていたことですが、この感覚がどうにも馴染めませんでした。私にとって、BCLという趣味はノスタルジーを楽しむ趣味でもありますので、馴染めないのも仕方がないかもしれません。(分かってるなら買わなきゃいいのに・・・という声が聞こえてきそうですが)

さらに、IT企業に身を置く私ですので、PCソフトなんていつまでも提供されるものではないこともわかっています。もしかすると10年後、1970年代に使っていたBCLラジオは問題なく使えても、このPERSEUSは新OSに対応したソフトが提供されず、Windows10がサポート終了になるまでの命・・・という状況になっているかもしれないのです。
(だからこそ、単体で使えるSDR受信機であるIC-R8600が気になるんですよね)

« 昔の受信音への思い出 | トップページ | DXペディション »

ラジオ・受信機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昔の受信音への思い出 | トップページ | DXペディション »