« Radio Station 4VEH | トップページ | BCL界のプロフェッショナルな方々 »

2017年4月20日 (木)

大阪日本橋のBCLコーナー

私がBCLに熱中していた時代、大阪市内に住んでいたのですが、大阪の電気街である日本橋まで歩いても1時間掛からないような場所でしたので、暇さえあれば日本橋に通っていました。当時は多くの店にBCLコーナーがあり、行くたびにあこがれの通信型受信機を眺めたり、使ったことの無いBCLラジオを操作して、自分のラジオと比べたりしていたものです。(あとは、アンテナやカップラー関係の部品を漁っていたりもしました)
ちなみに使ったことの無いBCLラジオというのは、私の場合、東芝製品なのですが、当時何で東芝は御三家から脱退してしまったんでしょうね。ソニー・松下には勝てないと経営判断が下されたのかな? でも、トライX2000が進化したらどんなラジオになるのか、見たかったな~と今は思います。

ところで、当時の学生BCLのあこがれの受信機といえば、やはりJRCのNRDシリーズだと思うのですが、NRD-505とかNRD-515を日本橋で見かけた記憶が無いんですよね。一部の店には置いてたはずですが、当時JRCといえば、プロ用機器を作っていたメーカーですので、あまり日本橋の小売店に販売チャネルが無かったのかもしれません。
そのため、私にとって店頭で現物を見れる最高峰の受信機といえば、ヤエスのFR-101Dでした。高価な製品ということもあり、実際に操作できる店は無かったような気もしますが、前面パネルがすっきりしていたFRG-7と違っていかにも通信型らしいデザインは恰好良く、いつか買いたいな~と思っていたものです。(よく夢にも出てきました。笑)

結局、今も昔もこのFR-101を直接操作することはできていませんが、NRD-505や515同様、今となってはあこがれの名機のまま思い出として記憶の奥にしまっておく方がいいのかなと思っています。

« Radio Station 4VEH | トップページ | BCL界のプロフェッショナルな方々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Radio Station 4VEH | トップページ | BCL界のプロフェッショナルな方々 »